MENU

志穂美悦子:シャンソン歌手鬼無里まりとして再始動【継承と挑戦の歴史】

長渕剛の奥さん志穂美悦子は、アクション女優から花創作家、そして今度はシャンソン歌手へ。
人生の時々で大きく変貌を遂げる彼女の前向きな生き方は、魅力的です。

『シャンソン歌手』としてデビューを果たした彼女の、豊かな人生経験に満ちた新たな挑戦。
その挑戦から見えてくる彼女の前向きなメッセージを紹介します。

目次

志穂美悦子さんの経歴

https://i0.wp.com/mariayuri28.com/wp-content/uploads/2023/12/shihomi-1.jpeg?resize=500%2C346&ssl=1

志穂美悦子さんは、1955年に岡山県で生まれました。アクション女優として活躍し、日本初の本格アクション女優として知られています。彼女は映画やドラマに多数出演し、特に映画『女必殺拳』や『上海バンスキング』では高い評価を受け、日本アカデミー賞でも助演女優賞を受賞しました。その後、ミュージシャンの長渕剛さんと結婚し、1987年に芸能界を引退しました。

楽天ブックス
¥2,779 (2024/05/13 11:53時点 | 楽天市場調べ)

志穂美悦子さんは引退後、花創作家(フラワーアーティスト)としての活動を開始します。彼女の独創的な花の創作は高く評価され、展覧会やパフォーマンスを通じて活動しています。また、近頃は「鬼無里(きなさ)まり」の芸名でシャンソン歌手としても活動を始めたことが発表されています。新たな挑戦を続ける姿勢が見られます。

https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexpub%252Ffeed%252FPia%252F2016%252FPia_201205090004%252FPia_201205090004_1.jpg,zoom=900,type=jpg

彼女の人生において、家族や芸能活動、花創作など様々な側面がありますが、特筆すべきは彼女の挑戦的な姿勢と開拓精神です。若い頃からアクションの世界で頂点を極め、フラワーアーティストとしても成功を収め、さらにはシャンソン歌手としても再出発するなど、常に新しい挑戦を続けています。

志穂美悦子さんの歩んだ道は多岐にわたり、その豊かな人生経験や挑戦の歴史には多くの興味深いエピソードが詰まっています。彼女の人生や活動に触れることで、読者は新たな視点や刺激を得ることができるでしょう。志穂美悦子さんの経歴は、ただのキャリアだけでなく、情熱と変革を追求する人生の物語として、多くの人々に感動やインスピレーションを与えるポテンシャルを秘めています。

https://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20211128/2215547_202111280424305001638093927e.jpg

志穂美悦子さんの活動

志穂美悦子さんはフラワーアーティストとしての活動に加え、音楽の世界でも新たな一歩を踏み出しました。 最近の動向では、エターナルソングコンテストの授賞作品お披露目コンサートで、「鬼無里まり」としてシャンソン歌手としてデビューすることが決定。自身の経験や人生を歌に込める決意を固め、新たな挑戦に向けて精力的に活動しています。

志穂美悦子さんの持つ開拓精神は年齢にとらわれることがありません。
常に新しい挑戦を求める姿勢が窺えます。過去に挑んだアクション女優や花創作家としての成功経験を活かし、シャンソン歌手としての道を歩む志穂美悦子さんの姿には多くのファンが注目しています。

彼女の新たな音楽の道のりに期待が高まります。

https://be-story.jp/wp-content/uploads/2023/12/thumb_ASC05943-1200×630.jpg

志穂美悦子さんからのメッセージ

15人くらいのおばあちゃんたちと一緒にアレンジメントを作る経験は、私にとって非常に感動的でした。笑顔を届ける花活動が私の心を豊かにし、新たな可能性を広げてくれました。その出会いや経験が、私の今後の活動に大きな影響を与えました。

2011年3月に発生した東日本大震災。
『15人ぐらいのおばあちゃんたち」というのは、志穂美悦子さんが震災後に開いた仮設住宅でのボランティアのフラワーアレンジメント教室に参加した方々だと思われます。

この活動を通じて、被災地の人々と交流し、笑顔や感動を分かち合いました。
震災の影響を受けたこの方々は、志穂美悦子さんの活動を通じて心を癒し、新たな希望や活力を見出したことでしょう。

夫婦での食事の様子や家族との時間が、私にとっては大切な時間のひとつです。家族と共に過ごす日々から学んだことは数多くあり、その絆や思い出が私の人生を彩っています。

家族や夫との食事や時間を大切にする姿勢は、志穂美悦子さんにとっても重要な要素です。

志穂美さんは家族との時間を大切にし、家族と共に過ごすことから多くを学び、その絆や思い出が人生を豊かに彩ってきたと言えます。

家族や夫との時間を通じて、愛情や温かさ、相互の理解が生まれ、人生の充実や幸福感を得ることができたと考えられます。

また、志穂美さんが家族や子育てにおいて大切にしてきたのは、厳しさと愛情を兼ね備えた育児姿勢であり、嘘をつかないことや努力を尊重する姿勢を大切にしてきました。

そのような家族や子育てとの触れ合いから、志穂美悦子さんは多くの学びや成長を得られ、家族との絆が自らの人生に深く根付いていることが窺えます。

https://be-story.jp/wp-content/uploads/2024/01/shihomi2.jpg

70年代から80年代にかけて活躍したアクション女優としての経験や、芸能界引退後の新たな挑戦、そしてシャンソン歌手としてのデビューに至るまでの過程は、私にとって貴重なものでした。これからも新たなことに挑戦し、革新的な活動を続けていきたいと思っています。

一方で、花という「命」との対話を通じて、新たな感動や喜びを見つけることができました。その魅力を未来に繋いでいくために、私は花活動を通じて多くの方々に笑顔を届けたいと願っています。

志穂美悦子さんのこれらのメッセージから、彼女は、『自らの経験や活動を通じて、常に新たな可能性を追求し、豊かな人生を築くことを目標』に歩んできたことがわかります。

彼女の前向きなメッセージの発信から、多くの人々が希望と勇気をもらったと思います。
そして、これからも彼女から、生きる力となるプラスのエネルギーをもらっていくことでしょう。

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2023/10/29/20231029s00041000472000p/9.jpg?1

まとめ

  • 志穂美悦子さんはアクション女優、花創作家、シャンソン歌手として新たな挑戦を続けている。
  • 彼女の挑戦的な姿勢や開拓精神、そして新しい可能性を模索する姿に注目したい。
  • シャンソン歌手「鬼無里(きなさ)まり」としての再出発は、新たな章の始まりとして注目されている。
  • 志穂美悦子さんの育児姿勢や人生へのアプローチは、彼女の活動に深い意味をもたらしていた。
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/21/jpeg/20181121s00041000472000p_view.jpg
楽天ブックス(ダウンロード)
¥2,189 (2024/05/21 18:27時点 | 楽天市場調べ)
えっちゃん

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次