MENU

朝ドラ「ブギウギ」で水城アユミ(美空ひばり)を演じる吉柳咲良とは

吉柳咲良が演じる水城アユミが、「ブギウギ」では大人気の若手歌手という設定。水城アユミとは「美空ひばり?」。吉柳咲良は、ミュージカル「ピーターパン」などで活躍した「歌って踊れる女優」。吉柳が演じる水城アユミの役どころは、「大人気の若手歌手でやがてスズ子を歌手引退に追い込む」役。NHKで放送されたドラマ「アイドル誕生 輝け昭和歌謡」で山口百恵役を演じたほどの実力者若手俳優、吉柳咲良とは、どんな俳優なのか。

目次

朝ドラ「ブギウギ」で水城アユミ(美空ひばり)を演じる吉沢咲良とは

水城アユミ役(美空ひばりか?)・吉柳咲良

朝ドラ「ブギウギ」のとは

昭和の大歌手、笠置シヅ子の一生を参考に作成されたフィクションドラマ
フィクションではあるが、大筋では現実をなぞっている。

笠置シヅ子の生涯の中で、昭和の大歌手美空ひばりとの確執については、語らなければならない大きな出来事だった。

ブギウギで登場する笠置シヅ子の歌手引退のきっかけとなる若手歌手水樹アユミのモデルは、『美空ひばり』だろう。

美空ひばりの登場は、歌って踊れる笠置シヅ子の真似をして歌う天才少女歌手としてだった。

その天才を演じるのが、吉柳咲良(水城アユミ役)さん。彼女は、中学時代に10代目「ピーターパン」役に抜擢されるほどの、歌って踊れる役者さんだ。

ブギウギでも、素敵な踊りと歌を披露してくれるだろうと期待されている。そして、強力なライバルの登場で「ブギウギ」はますます面白くなるだろう。

吉柳咲良の演じる水城アユミの役柄について

吉柳咲良(きりゅうさくら)さん演じる、水城アユミは史実の美空ひばりさんらしい。

美空ひばりであるなら、本来は笠置がとても好きで、まねっこのジャリタレとして出発する。

笠置の大ファンで、尊敬しながらもライバルとなっていく設定となるだろう。

デビュー当初こそ笠置のまねっこタレントだったが、すぐに頭角を現し吉柳の演じる水城アユミは、すぐに大人気の若手歌手へと成長する。

そして、ついに笠置を歌手引退に追い込む、という役どころ。

笠置にいじめられていたといううわさもあるが、それはどうだか…。

吉柳咲良の魅力

吉柳咲良は、とにかく歌がうまい。
プロの歌手も、彼女の歌を褒めるほどだ。

NHKで放送されたドラマ「アイドル誕生 輝け昭和歌謡」山口百恵役を演じたときも、彼女の歌のうまさに共演者もびっくりしていたようだ。

さらにダンスもうまい。

歌って踊れる彼女の才能は、早くから認められ中学生の時に10代目「ピーターパン」の役をゲットしている。

吉沢咲良のプロフィールと出身学校

プロフィール

本名は柳田咲良(やなぎた さくら)

2004年4月22日生まれ、栃木県出身。
兄弟は、弟が一人いる。

第41回ホリプロタレントスカウトキャラバン PURE GIRL 2016でグランプリを受賞

2017年ミュージカル「ピーターパン」で10代目ピーターパンを演じて主演デビュー。

2019年アニメ映画「天気の子」に、ヒロイン・天野陽菜の弟・凪役で出演。

同年9月公開の「初恋ロスタイム」でスクリーンデビュー。

EX「未来への10カウント」、「星降る夜に」、アニメ映画「かがみの孤城」ではアキ役を熱演。

関西テレビ・フジテレビ「青のSP-学校内警察・嶋田隆平-」

NHK「ここは今から倫理です。」

ダンスが得意

吉柳咲良、と言えば歌とともにダンスが上手なことでも有名。

彼女のダンス歴は、幼稚園の年長さん時代までさかのぼる。

幼稚園の年長さん時代にダンスを習っている友達に、ランニングマンを教えてもらったのがきっかけだったという。

その後、ダンススクールに通ったら先生から『ダンスの素質がある』と褒められ、その後ダンスにはまったとのこと。

幼少の頃から、『妄想』少女だった

「想像の中でアニメの主人公になったり、神様に認められた人間になったり、そんな妄想ばかりを考える子供でした。ダンスは妄想して高揚した気持ちを表現できるもので、音楽にのって踊るとまるで自分が主人公になれたような気分になるんです。

と、述べている。

彼女の妄想癖は、ダンスだけで無く、彼女の役者としての感性も磨いたのだろう。

吉柳咲良の出身小学校

出身小学校:栃木県 真岡市立久下田(くげた)小学校。
栃木県真岡市にある公立小学校。

小学6年生のときに第41回ホリプロタレントスカウトキャラバンに参加し、歴代最年少でグランプリを獲得した。

「オーディションは“14歳~”とかが多くて、なかなか受けられるのがなかったんです。そうしたら、お母さんがスカウトキャラバンの募集を見つけて『これ応募できるよ』と勧めてくれて、『じゃあ、頑張ってみる!』となりました」

ということで、小学校までは公立学校、中学校からは芸能関係の中学校に進学したと思われる。

吉柳咲良の出身中学校

出身中学校:東京都にある目黒日本大学中学校。

中学校からは、ホリプロに所属し、芸能人を多数輩出している「目黒日本大学中学校」に進学したようだ。

そして、中学時代に舞台「10台ピーターパン」として、主役に起用されている。

イケメンになりたい

「私は性別に関係なくカッコいいと思う人に惹かれて、自分もそうなりたいと思っています。気持ち的にさっぱりしたくなるのか、夏になると短髪願望が芽生えます。どちらかというと私は昔から女の子っぽくない。ピーターパン的な少年の部分が消えないので、イケメンへの憧れも強いのかもしれません」

と、少女時代は、男の子になりたいという願望が強かったようだ。

また、憧れの人物は、ジャッキーチェンだと言う。

お父さんの影響で、ジャッキーのアクション映画を一緒に観ていくウチに、大ファンになったという。

最も好きなのは、『ベスト・キッド』
全然ダメだった子が這い上がり立ち上がる姿が好き、とのこと。

自分自身も、アクションに挑戦したいという。

中途半端なものにはしたくないんです。スタントも自分でやってみたいし、当てるふりではなく本気でパンチを当てに来てほしい。本気でボコボコにしてもらっても構いません。それくらい全身全霊で、本気でやってみたいです」

イケメン嗜好、アクション嗜好、歌も歌える、ダンスも出来るというマルチタレントの素質をもつ吉柳咲良さんらしい考え方。

こういう前向きで、アクティブ考え方が出来る子なら、『ブギウギ』で全国に名が売れれば、新たな道が開ける気がする。

吉柳咲良の出身高校

出身高校:東京都にある目黒日本大学高校

高校も、そのまま目黒日本大学高校に進学。

この高校出身の芸能関係者は数多い。
例えば、小芝風花(こしば ふうか)、多部未華子(たべ みかこ)、古くは山口百恵染谷将太(そめたに しょうた)、本郷奏多(ほんごう かなた)など、ゆうに100名を越えている。

吉柳咲良のデビューのきっかけ

吉柳咲良は、子どものころから芸能界に入りたいという夢があったようだ。その漠然とした思いが、しっかりした『夢』として自覚できるようになったのは、ある俳優の影響だったという。

憧れは、石原さとみ

子供の頃から芸能界に入りたいという気持ちがありましたが、一番のきっかけとなったのはテレビドラマ「リッチマン・プアウーマン」に出演していた石原さとみさんの演技を見たことです。

と、吉柳咲良は語っている。

リッチマン・プアウーマン』は2013年4月期に放送された日テレのテレビドラマ。
小栗旬が若き億万長者IT企業社長。
石原さとみが演じたのは、東京大学理学部を卒業したのに、なぜか内定がもらえず就職活動に走り回る女子大生役。

有料動画配信系で、好調な売上を記録したドラマ。
このドラマが、吉柳咲良の役者志望のきっかけとなり、第41回ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し、見事グランプリに輝く。

まとめ:朝ドラ「ブギウギ」で水城アユミ(美空ひばり)を演じる吉柳咲良とは

栃木出身の「歌って踊れる」スター候補。

笠置シヅ子を歌手引退に追い込んだ美空ひばりを思わせる水城アユミ役を演じる若手女優。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次