MENU

笠置シヅ子と美空ひばりの確執の真相の裏に、マネージャーの影

笠置シヅ子と美空ひばりは、戦後の歌謡映画スターとして活躍した二人です。しかし、二人の間には、深い確執があったとささやかれ続けてきました。ひばりの母である加藤喜美枝氏が笠置の後援会が東大総長であることを批難し、「後援会はファンだけで作るべきだと言った」ことも二人の確執の原因の一つ、とされています。この二人の確執は、日本の芸能史の損失であり、残念なことだったと訴える人もいます。二人の確執の原因はどこにあり、その確執後はどうなったのでしょうか。このブログでは、二人の確執について探ります。

目次

笠置シヅ子と美空ひばりの確執とは?

美空ひばりがデビューしたての子どもの頃、彼女は笠置シヅ子持ち歌を歌って天才歌手だと注目されていました。美空がハワイ公演で歌うとき、作曲家の服部良一は、「自分が作詞した楽曲を、ひばりはハワイ公演で歌うな」と差し止めたと言います。そして、それは『笠置の嫌がらせだった』と、戦後長くささやかれてきました。ブギの流行が去り落ち目になっていた笠置シヅ子が、新進気鋭の若き天才に嫉妬して『嫌がらせをしている』という構図で語られたわけです。

また、美空ひばりの母親である加藤喜美枝が、二人の確執を背景に『笠置は、後援会長に縁もゆかりも無い東大総長を据えた(嫌らしいやつ)』というような意味を込めて、笠置の後援会と後援会長を批難したことも『笠置と美空の確執』を助長しました。

こう見ると、笠置が一方的に悪者に見えますが、この確執の本質・原因は何だったのでしょうか。

確執の原因は何だったのか?

笠置と美空のアメリカ公演

笠置シヅ子と美空ひばりは、それぞれ別々ですが戦後間もない1949年~1950年にかけてアメリカ公演を行っています。当時、多くの芸能人がアメリカに旅立ち、日米交流ブームが起こっていました。笠置は本場アメリカでブギを歌い、四か月かけて歌手としての見聞を広めました。

一方、ひばりは前年にメジャーデビューしたばかりで、少々強引という印象もなくはないのですが、笠置と同じようにアメリカ公演を仕掛けたのです。

しかも、ひばりの公演は5月。笠置の公演は、1か月遅れの6月の予定でした。二人が同じような歌を歌うとなると、アメリカ人にとっては、ひばりが本家で笠置は二番煎じの歌手と映ってしまいかねません。
当然、笠置側は良い気持ちはしません。

ひばり側からすれば、ひばりの公演はロシア系二世部隊第百大隊記念塔建設基金募集興行という大義名分がありました。さらに、帰国後公開される映画東京キッドの撮影も兼ねるので、「笠置より先行する日程は譲れない」という理由がありました。

ところが、二人のアメリカ公演には裏がありました。
ひばりと笠置のマネージャーたちの存在が絡んでいたのです。

笠置のホノルル、本土西海岸公演は松尾興行(政治家から暴力団まで人脈をもつ)が、マネジメントを仕切っていました。
一方、ひばりのハワイ、アメリカ西海岸での興行は日米キネマがマネジメントを担当しました。

この頃、笠置のマネジャー山内義富(ブギウギ・山下達夫)が大金を使い込んでいたことが発覚します。
そして、笠置のマネージャー山内義富が、「ひばりの渡米計画の一月先行」にからんでいたと考えられています。

笠置のマネージャー山内義富とひばりのマネージャー福島博の画策により、ひばり側は笠置が6月に渡米することを知っていたのに、笠置自身はひばりが5月に渡米することを直前まで知らなかったのです。

では、笠置の金を使い込んだマネージャー山内義富に何があったのでしょうか。

ブギウギ・山下達夫マネージャー

マネージャー山内義富とは

山内義富は、笠置の最愛の人(愛娘ヱイ子の父)である吉本穎右(えいすけ)が、笠置のために付けたマネージャーでした。
笠置が心より信頼をしていた山内うマネジャーに、笠置は住宅資金を使い込まれてしまったのです。その金額は、現在の貨幣価値に直すと億に匹敵する金額だったといわれます。

マネージャーとしては有能だった山内ですが、彼はヒロポン中毒ギャンブルに溺れてしまっていました。
薬とギャンブルで金に困った山内は、笠置のライバルである美空ひばりの一月早い渡米を画策し、代償としてヒバリのマネージャーの福島から金を受け取ったという噂があります。

笠置は、山内の裏切りにショックを受けます。
心より信頼し、穎右が自分に残したマネージャーの裏切りです。
普通の人間なら立ち直れないでしょう。

笠置シヅ子 復活

笠置は心から山内に頼っていたので、精神的なショックは計り知れません。
山内をクビにせざるを得なく、心に穴がぽっかり空いてしまいました。

ですが笠置は、愛娘ヱイ子のために再び歌い始めたのでした。
どん底にたたき落とされたのは、これで何度目でしょう。
それでも笠置は、歌うのでした。

笠置の苦労は相当の物だったでしょう。
高額納税者となっていたため、税金や借金の返済に苦しみました。しかし、笠置は、不死鳥のように今度も復活します。

「愛娘ヱイ子を女手一つで育てていく」
その覚悟が、彼女を支えたのでしょう。
笠置は、この後も映画や舞台に立ち続けました。

美空ひばりに自分の曲を歌わせなかった服部良一

ひばりの、笠置よりも先の渡米は、もはや避けられません。。
渡米直前に、笠置をプロモートする松尾興行から

「ひばりが一足先にブギを歌って回り、その後で同じ曲目で笠置が回るのでは興行価値が低下する。なんとかしてほしい。」

と、服部良一の所に話が入りました。

服部は、著作権協会を通じて「ひばりに自分の歌を歌うことを許可しない」と通知したのでした。笠置にとっても、ひばりに咲きに歌われてしまっては死活問題です。
恩師の服部が、笠置を援護した格好になりました。

ひばりのアメリカ公演の成果

服部良一の言葉により、ひばりはアメリカ公演で服部の楽曲を歌えませんでした。アメリカ本土のロサンゼルスでは公演場所が全部お寺の本堂で、客の入りもよくなかったといいます。

ですが、当時は「アメリカに行ってきた」ということがステータスになる時代です。
ひばりは帰国後、映画一本のギャラが三百万円に跳ね上がり、スターダムに上がっていったのでした。

笠置とひばりの共演

帰国後、ひばりのマネージャーの福島が、新聞記者に「『笠置と服部にブギを歌うな』と言われた」と話したため、世間がザワつきます。

そこで、「笠置とひばりの仲直り」をメディアは画策したようです。
51年2月、笠置とひばりがNHKラジオの人気番組「歌の明星」で共演することになりました。二人の共演を企画したのは当時の番組スタッフとされています。今となっては詳しいいきさつは不明です。
ですが、ひばりのマネージャーの福島によって進められたと推察できます。

ひばり側としては、少なからず笠置に負い目を感じていたと思います。出来れば穏便に手打ちが成立することを願ったでしょう。

この共演は、「ブギの流行が去り、落ち目の笠置に対して、アメリカ帰りで上り調子のひばり」という構図が出来上がりつつあった時期ですので、福島マネージャーに取っては願ったり叶ったりだったでしょう。

共演の様子

2月11日、笠置シヅ子と美空ひばりは、はじめて正式に紹介し合いました。
一緒のマイクで歌っているのは大ブギの女王といわれる笠置シヅ子と、小ブギの女王美空ひばりです。
これを聴いた多くの聴取者が、どうして今まで二人が一緒に舞台や映画、放送に出なかったのだろうと不思議に思ったといいます。

この番組の実現は、ひばりのマネージャー福島は吉祥寺の服部良一を訪問し、今まで行き違いになっていたいきさつと、謝罪を告げたことにあります。福島の謝罪を受けて服部は、「今までのすべてを白紙に帰す」と、回答をしたといいます。

共演後の反応

それまでのいきさつを含め、この日曜日の宵の「歌の明星」は近来にない豪華番組として、当時、聴取者のすべてを魅了しました。

共演後、笠置とひばりのいるスタジオは和やかな歌声と話し声で満ちたといいます。

51年には、前年まで圏外だったひばりが歌手の人気投票で3位になりました。一方、笠置は10位に落ちてしまいます。
このあと、二人のキャリアはそれぞれの方向に進んでいったのでした。

その後の、美空ひばりと服部良一の関係

51年の3月に服部良一作曲のブギ「銀ブラ娘」を、美空ひばりが歌ってレコードが4月に発売されました。
ひばりと笠置シヅ子の和解に次いで、服部との和解の意味もあったかもしれません。

しかし、なぜかひばりはこの歌をほとんど歌うことはありませんでした。
後に本田靖春氏が服部良一へのインタビューを試みましたが、服部の体調が思わしくないという理由でインタビューは断られたそうです。代わって万里子夫人が電話でこう話したとされます。

「美空さんは、笠置シヅ子さんのブギの物真似でデビューされたでしょ。笠置さんのブギは、そのほとんどが主人の作曲によるものなんです。普通の場合、そうしたときは笠置さんのところへはもちろんのこと、作曲した服部のところへも、あいさつがあってしかるべきなんです。それが歌の世界の常識というか、習慣なんですね。ところが美空さんの場合、その習慣を無視なすったというか、無頓着でいらっしゃったということで~。」

というような内容だったとのことです。

笠置の後援会に対するひばりの母の対応

1951年4月、笠置シヅ子の後援会が発足しました。
会長には東大総長二期目の南原繁氏が就任しています。

その2か月後、美空ひばりの後援会が発足します。こちらの会長は町の印刷工場主が就任しました。このとき、ひばりの母である加藤喜美枝氏は、『後援会はファンの集まりであるべきだ』と発言しました。

笠置の後援会には、著名な文化人や芸能人が名を連ねましたが、大半を占めたのはラクチョウの姐さんたち(娼婦)であり、笠置もまた彼女たちの声援に応えて、後々まで彼女たちの更正に一肌脱いで力になっていたのでした。

「ラクチョウの姐さんたちへの支援」は、スターにはよくある作られた美談などではありませんでした。笠置シヅ子は名前ばかりの人物を頭に持ってきて世間体を飾るような人間ではないということが、ひばりの母、喜美枝にはわからなかったと見えます。

南原繁東大総長が、『心からのファン』として笠置を支えていたかについても知らなかったのでしょう。
このひばりの母の対応が、二人の和解ムードにも大きな影響を与えたようです。

まとめ

笠置シヅ子と美空ひばりの確執は確かにあったようです。
ですが、戦後長くささやかれてきたような「笠置のやっかみ」「ひばり被害者」という構図は、必ずしも正しくはないようです。

笠置の心から信頼したマネージャであった山内義富は、確かに薬におぼれ、暴力団との関係もあったと思われます。
笠置シヅ子自身は、薬の中毒になってしまった町の娼婦を支援していましたが、「自ら薬に溺れる」などは、ありませんでした。また、暴力団との癒着もありませんでした。

薬のことも含め、山内義富マネージャーが笠置に与えた影響、そしてひばりとの確執に与えた影響は大きかったと思います。

たくさんの苦労を乗り越えながら、笠置シヅ子は愛娘ヱイ子さんを育て上げた人でした。
この後、彼女は歌手を廃業し、役者の道を歩みます。

一方、美空ひばりは押しも押されもしない、昭和の大歌手として成長を続けていきました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次