MENU

スシロー「本マグロ中トロ 」脅威の一貫百円、品切れが心配

スシローは、10月28日、TBSの『ジョブチューン★スシロー×超一流寿司職人!』に登場。これまで6度挑戦しても達成できなかった、悲願の10品前合格を7度目にして達成した。この州四郎が、現在「40周年!大大大大感謝祭り」を行っている。祭りは後半戦に入り、現在の目玉は、「本マグロ中トロ」一貫百円。さて、この「祭り」をネット上ではどう評価しているのか。

目次

スシロー創業40周年「感謝祭り」を実施中

スシローの創業は、1984年、現在の回転すし「スシロー」が誕生した。
スシローは、大阪市阿倍野区にあった一軒のすし屋「鯛すし」の職人の思いから生まれたという。

「すし」はどうしても高級品というイメージがつきまとい、実際に値段が高い。
だが、「うまいすしを、より多くのお客さまに気軽に食べていただきたい」
それには、どうしたらよいかという思いから「回転すし『スシロー』」は誕生したという。

代表取締役社長の新居耕平氏から、「創業40周年を迎えられたのは、お客さまを始め、生産者の皆さま、店舗で働く従業員の支えがあったからこそ」と感謝の言葉とともに、「40周年!大大大大感謝祭り」を行うことが宣言された。

この祭りは、10月4日から開催され、10月18日からは後半戦に入っていっている。

後半戦の目玉は、「本鮪中トロ」

後半戦の目玉は、何と言っても「本マグロ中トロ」。一貫一皿で100円。
これは、確かに安い。
食べてみたが、口の中で中トロの脂のうまみがとろけだし、品質も良いと感じた。
この商品は、11月12日までの限定商品。

ただし、ここが味噌なのだが、販売予定総数は788万食完売したら即終了
これが、今までもスシローの信用度を下げているのだが、今回も『完売御免』の一言を付けてきている。
さらに、『1日の販売数にも限りがある』ことを明示している。

食べられたらラッキー。
確かに、うまいし、安い。
おみくじの代わりに、「今日の運勢」を占うことが出来るかも。

スシローが取り入れた「白皿」システム

スシローは、基本「黄皿」・「赤皿」・「黒皿」で商品が提供される。
だが、5月31日から「家格を固定しない『白皿』が新たに導入」された。

この今回の祭りで適用されている「白皿」の「本マグロ中トロ・一貫一皿100円」は、11月12日で終了するが、「白皿」100円の商品は、12月末まで、全店で継続される、とのことだ。
はたして、どんな商品が「白皿」としてでてくるのか、楽しみだ。

復刻メニューと新グランドメニュー

復刻メニュー

  • 「国産生ハムガーリック醤油」(120円~)、
  • 「塩だれびんちょう」(120円~)、
  • 「あぶり鮭ハラス」(120円~)、
  • 「煮あさり包み」(120円~)、
  • 「活〆真鯛のあんこう肝のせ」(260円~)

復刻メニューとしては、創作メニュー系の5つの商品が提供されている。

秋のグランドメニュー

  • 創作すしの「ほたて天ぷら麻婆包み」
  • 「えびバジルチーズ・サーモンバジルチーズ」

などが投入されている。

おすすめ「しじめラーメン」

「回転すし屋」でラーメンは、今や定番。
スシローの「しじみラーメン」は、貝のうまみがきいていて本格的。
人気ラーメン店「宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀」監修している。

種類は、「しじみ塩ラーメン」と「しじみ醤油ラーメン」の2種類。
ただし、しじみは、「宍道湖(しんじこ)」のしじみではないようだ。

デザート

御子様連れ、女性の方にお勧めは、コロンビアに本拠地を置くチョコブランド「カカオハンターズ」とコラボ企画で生まれたチョコスイーツ。

  • 「ショコラバナナのアイスブリュレ」(350円~)、
  • 「カカオ農園のトロピカルショコラパフェ」(450円~)

の2種類が用意されている。
回転すし屋で、本格的なチョコレートが味わえる。

SNS上の反応

私は、たまたまお目当ての商品が食べられたのだが、SNS上には、

「せっかく行ったら、売り切れだぁ」

「売り切れです」
「こちらもおすすめですよ(嘘です)」
「じゃこれにするか」
「最初からないものをあるように見せて、代わりにこちらならございますと売りたい側が売りたいものを売る」

「おとり広告?」

「スシローには信用がない」

などと、ちょっとマイナスな評価がズラーと並んでいる。

ただ、そん中で

今はアプリで店舗ごとの品切れ情報見れる

というアドバイスも載っていた。

まとめ

「本鮪中トロ」一貫百円は、本当に安い。
また本当にうまい。

ただし、数は限定されている。
一日の販売個数も決められている。
とうぜん、「売り切れがおこる」

会社側もスマホなどで情報提供を必死に努力している。
だが、利用する側からすれば、せっかく店に行ったのに「売り切れ」と言われればショックを受けて当然。

さて、この現実をどう見るかは人それぞれか。
ただ、もうけ度外視で努力しているスシローの努力は評価したい。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次