MENU

『りりあ。』の新曲が「JKと六法全書」の主題歌に選ばれた理由は何

りりあ。」は、2019年秋にTikTokやYouTubeで顔を出さずに弾き語りのカバー動画を投稿し、歌声と表現力で注目を集めました。初のオリジナル曲「浮気されたけどまだ好きって曲。」が大ヒットし、その透明感あるヴォーカルとリアルな歌詞でファンを魅了しています。

自身の経験だけでなく、ファンの相談や友人のエピソードを取り入れた歌詞作りにもこだわり、ファンからの支持を得ています。

また、独特の声とストレートな歌詞が特徴であり、顔出しNGながらもその魅力は多くの人を惹きつけています。

その「りりあ。」さんの新曲「4月19日 金曜 23:15 -0:15 テレビ朝日」の新ドラマ「JKと六法全書」の主題歌に選ばれました。
「りりあ。」さんの曲が、新ドラマの主題歌として選ばれた理由とは…。

目次

『りりあ。』の新曲が「JKと六法全書」の主題歌に選ばれた理由は何

「りりあ。」の新曲「騙されないからね。」がドラマ『JKと六法全書』の主題歌に選ばれた理由は、澄んだ歌声の中に力強さと純粋さを兼ね備え、幸澤沙良演じる主人公・桜木みやびのイメージにマッチするロック・ナンバーだからです。

この曲は、「りりあ。」がドラマのために新たに書き下ろし、主人公の日常や情景を思い浮かべさせるような楽曲となっています。

テレビ朝日「jkと六法全書」・桜木みやび(幸澤沙良

りりあ。さんの歌声は透き通ったキレイな声で心に響く魅力があるんですねー。

「天使」と称されるほどの透明感と豊かな表現力に、聞き惚れること間違いなしです。
さらに、椎名リンゴさんの曲も難なく歌いこなす力強さも併せ持っているんです。

正真正銘の「歌うま」女子です。

彼女の歌声は独特です。
その透明感な歌声で、10代の繊細な本心をリアルに綴った歌詞を歌い上げています。

彼女の歌声を聴くと、なんだか幸せな気持ちになるんですよ。
聴けば心が温かくなる、そういう歌声です。

彼女の作曲する歌詞と、歌声が本当にマッチしているんです。
等身大」、って言うんでしょうか。
彼女の歌を聴くと、目の前に物語の少女・女性が現れるんです。

そういうところが、シンガーソングライターとしての才能なのでしょうね。

「ドライフラワー」の優里さんが、べた褒めするわけです。

「りりあ。」の楽曲は、多くが彼女自身の実体験ではなく、ファンや友人の経験からインスピレーションを得て生み出されているのだといいます。

歌詞には友達やファンへの気持ちが込められており、第三者目線で語られているかのような歌詞もあります。

自らの内面というよりも、周囲の人々の経験や感情を取り入れ、ストレートとして伝わりやすい歌詞を心掛けて作詞しています。

このアプローチがまた聴衆に共感を呼び起こし、多くの人々が彼女の楽曲に感情移入し共鳴してしまうのですね。

このあたりも、「JKと六法全書」の主題歌として選ばれた要因でしょう。

「天使の歌声」と称される彼女の歌声を、ぜひ聞いてみてください。

りりあ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次