MENU

水原通訳の解雇を大谷はどう思っているか:ファンのコメントから考える

ドジャースの広報は、解雇された通訳の問題を受けて、大谷翔平投手の新たな通訳について説明した。ウィル・アイアトン氏が大谷の通訳となることが発表されたが、一時的な措置とされている。

アイアトン氏は前田健太投手の通訳経験があり、日本語も堪能である。対して、ロバーツ監督は水原通訳の解雇に関してコメントを控え、大谷に対しては試合に向けて準備が整っている旨を述べた。

一方、報道によると、水原通訳は巨額の窃盗の疑いで解雇されたとされている。

ドジャースはこの報道を認め、現時点でそれ以上のコメントはしないとしている。

大谷は水原通訳の解雇について知っており、その上で開幕戦で活躍していた。しかし、ファンの中には大谷と水原通訳の関係や今後の影響について憶測が広がっている。

このブログでは、『大谷が水原通訳の解雇について、どのような気持ちでいるのか」を、ファンのコメントを元に追究する。

ウィル・アリアトン氏
目次

ウィル・アリアトン氏が一時的に大谷の通訳

ウィル・アイアトン氏が大谷翔平投手と、山本由伸投手の通訳を務めることがきまった。

この決定は、水原一平通訳が解雇された後、球団広報によって発表された。
アイアトン氏は、データ分析担当として雇用されていたが、水原通訳の解雇に伴い通訳業務にも一時的に就くこととななる。

ロバーツ監督も、紆余曲折に対し「一平については何も話せない」とコメントし、その後、大谷の通訳が今回はアイアトン氏だと述べるにとどまった。

ウィル・アリアトン氏の経歴

ウィル・アリアトン氏は、デジタルマーケティングの分野で幅広い経験を持っていまる。
ここでいう「デジタルマーケティング」とは、インターネットなどのデジタル技術を活用して商品やサービスを広める方法や戦略のこと。

ウィル氏は大手広告代理店で働いていて、デジタル戦略の立案やインターネット上でのユーザーエクスペリエンス(ユーザーの体験や満足度)向上のプロジェクトを率いた。

さらに、ウィル氏はデータ分析やオンライン広告キャンペーンの最適化にも詳しい。
データ分析とは、大量の情報から有用な洞察を見つけ出す作業であり、オンライン広告キャンペーンの最適化は、インターネット広告を効果的に設計し、より多くの人々に訴求する方法を考えること。

つまり、ウィル・アリアトン氏は、デジタルマーケティングの専門家。
「情報を分析し、それを成果に生かす」プロ。

それを通じてクライアントが目指すビジネス目標を達成する手助けをしてきたわけだから、「通訳」は実は畑違い?

彼は戦略的に考える能力と実行力を持っており、デジタルプロジェクトの成功において重要な役割を果たすことは、今後も期待されるはず…。

一時的措置らしいが、ウィル・アリアトン氏の後のアテはあるのか

確かに一時的な措置のよう。
だが、ウィル氏の後任についてはまだ明確な情報はない。

現時点では詳細が不明瞭なため、後任についての具体的な計画や人選に関する情報は公表されていない。
今後の動向が注目される。

ウィル・アリアトン氏

水原通訳の解雇について、ドジャース側は何が起こったと説明しているのか

ドジャースは水原通訳を解雇した理由として、「巨額の窃盗の疑い」があると説明している。

複数の米メディアがこの件を報じ、球団もメディア報道を認識し、「現時点でそれ以上のコメントはありません」と声明を出している。

つまり、球団側も情報は十分に掴んでいないことが予想できる。
おそらくメディアの方が情報を早く、多く入手しているようだ。

「現時点で、これ以上コメントはない」
と言うのは、球団として当然だろう。
『俺たちの方が、教えてほしいよ』
そう思っているかもしれない。

大谷は水原通訳の解雇に対してどのような反応を示しているのか

大谷は解雇された水原通訳に対し、事前にその解雇の情報を知らされており、開幕戦での活躍を見せていたのではないかという憶測が富んでいる。

だとしたら、大谷の神経の図太さは尋常ではない。
水原通訳の裏切りを知っていて、水原通訳とあれだけ親しげに話すことが出来るのだろうか。

確かに、ドジャース入団会見で水原通訳との関係を「ビジネス」と表現していた。
大谷選手は、二人の関係を「ビジネス的な関係」だと強調はしていた。
だが、それはユーモアであり『二人の信頼関係は篤い』と、多くのファンからは理解されていたと思う。

大谷選手自身のコメントは、現時点では何も出されてはいない。

水原通訳の解雇に対して、大谷はヤワではなく、プロとしてのタフさを示していると評されている。
報道やファンの間では様々な憶測や意見が広がっているが、大谷選手自身からの公式なコメントや発信は確認されていない。

ファンからの気になるコメント

 アメリカのメジャーは、お人好しのビジネスをやっているわけではない。
 水原の解雇は、事前に大谷に知らされている。それでも、開幕戦で大谷は活躍した。
 大谷の精神力は、そんなにヤワじゃない。
 これまで水原と二人三脚でやってきたというが、大谷の口からそんなコメントが出たことはない。
 ドジャース入団会見で水原との関係を「ビジネス」と言っている。あれこそが真実。
 一人がいなくなっただけ。代わりはいる。アメリカに日本人の好きな浪花節な感覚はない。

というコメントだ。
そして、このコメントに多くの賛同の声も上がっている。

『メジャーの人間は、ドライでなければ生き残れない』
という捉えか。

だが同時に、

 ドジャースの入団会見での『ビジネスの関係』と言ったのは、ジョークでしょう。あの和やかな雰囲気での発言ですから。
 渡米して丸六年間、苦楽を共にして来たパートナーです。ただの裏方という訳ではないと思います。
 大谷は確かにヤワではないですが、大谷も我々と同じ一人の人間です。今季のプレーに悪影響が及ばないことを切に願っています。

と、日本人的なウェット感を持って、大谷の気持ちに寄り添う意見も多い。
私も、実はこちら派だ。

そうでないと、
大谷が金を貸したり、財産管理を任せたりしないだろう。
二人の寄り添う姿は、心からの信頼を感じさせるモノだった。あの時点で、二人のこころにウソは無いと信じたい。

まとめ

『水原通訳の解雇を大谷はどう思っているか』
確かに、大谷には数日前から水原の解雇のことが知らされていた可能性はある。
もし、大谷は何も知らなかったわけではなくある程度知っていて、「開幕戦で活躍した」とすると、大谷の精神力は並大抵ではない。

もしそうだとすると、一般的でウェットな感覚をもつ日本人の感覚からはずれる「強靱さ」ということになる。

我々の想像を遙かに超える精神力だ。

一方、別のファンからは、大谷は人への信頼関係や絆を重要する人間だとの指摘もある。
人間関係を、ビジネスという視点だけで結論付けることは難しいとの声もある。

大谷が公にコメントを残していないため、今回の事件や水原通訳に対して、彼がどのように思い、どのように影響を受けているかは明確ではない。
また、一時的に後任に据えられたウィル・アリアトン氏へのコメントも現時点ではないが、大谷は「嫌だ」ということは無いだろう。
大谷の人間性から考えると、だ。

ただ間違いなく言えることは、どのファンも大谷には依然として広く信頼が寄せられていることは事実だ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次