MENU

キンタローの松竹退社に対するみなみかわの言葉:「なるほどね」の謎

松竹芸能のスーパーエリートとして12年間活躍してきたキンタローが、先日松竹芸能を退社しました。

キンタローの松竹芸能からの離脱は、芸能界において大きな話題となっています。
この退社に関連して、みなみかわが発した「なるほどね」という5文字。
実は、この5文字も、大きな話題になっています。

みなみかわはなぜ「なるほどね」と言ったのでしょう。
果たしてその意味は?

その意味について、4人の人々が解釈をしていました。
その解釈も踏まえ、この謎めいたフレーズに迫ってみたいと思います。
最後には、みなみかわ本人の謎解きもありますよ。

目次

なぞめいた5文字「なるほどね」の解釈

https://natalie.mu/owarai/news/570067

キンタローの独立について、松竹芸能のひねくれ男と言われる「みなみかわ」が、「なるほどね」とSNSで呟いきましたが、その意味は?

みなみかわが口にした「なるほどね」という言葉。
これにはどんな意味の解釈について、ネット上が騒がしくなっています。

その言葉に込められた「意味」について、解釈したコメントが寄せられていますが、
どの解釈も、的を射ていて面白いです。

そして、最後にみなみかわ本人が、この言葉の意味を解説してくれました。
これがまた、「なるほど」とうなってしまうのです。

みなみかわの「なるほどね」は、奥が深い言葉だったんです。

謎めいた表現の心理

なぜ「なるほどね」というような短い言葉が人々の注意を集めるのでしょうか?

明星大学心理学部心理学科教授 藤井靖によれば、

短い言葉は人々の好奇心を刺激し、何か特別なことや隠されたメッセージがあるのではないか、という想像を呼び起こす傾向がある。

のだそうです。

そのため、みなみかわが用いた「なるほどね」というフレーズも、人々の興味を引いているのですね。

「なるほどね」の背景に潜むもの、芸人達の解釈

一見してさりげない言葉のように見える「なるほどね」ですが、その背後には何か大きな意味やメッセージが潜んでいるのかもしれません。

この5文字の言葉の裏に込められている「意味」について、芸人達が以下のように解釈しています。

元松竹芸能所属のお見送り芸人「しんいち」の解釈

https://news.yahoo.co.jp/articles/35a0f9ae7c9e3805abb29d5072fea59bdba343a5

『松竹芸能愛があるがゆえの宣戦布告

「しんいち」は、みなみかわの「なるほどね」の裏に込められた意味を、次のように分析しています。

  • キンタリローが松竹を抜けるということは、いわば違う国に税金を納めるということ。
  • 違う国に税金を渡すようになる人間は、敵。
  • 「敵になってもいいよ、ていうことだね」じゃあ、「宣戦布告するよ」、よいう意味の「なるほどね」

しんいちは、みなみかわがキンタローに宣戦布告をしたのだと解釈した。

続けて、

みなみかわは、見方には優しいが、敵になると怖い人

だと、続けています。

さらに、

松竹芸能に、文句ばっかり言っているイメージはあるけど、結局松竹芸能を心から愛している人

とも言っていました。

「永野」の解釈

https://grapecom.jp/talent_writer/nagano/

みなみかわの『おごり』

「永野」はは、みなみかわの「なるほどね」の裏に込められた意味を、「みなみかわのおごり故の言葉だ」と分析しています。

  • 「なるほどね」は、みなみかわのやりくち。
  • 思わせぶりな言葉で、考察を仕向けている。
  • 無視していい。
  • 手玉にとれると考える、みなみかわの「おごり」が現れた言葉

と、分析する。

みなみかわの「なるほどね」は、あれやり口なんです。スルーしちゃっていいんですよ。

と永野。

思わせぶりな言葉を言って、考察とかをやらせるように仕向けるのが、みなみかわのねらいだと分析します。

だから、「なるほどね」を分析しようとするなどは、みなみかわの策略にまんまとはまっているということ、だと述べています。

元松竹芸能の風紀委員、TKOの「木本」の解釈

https://bunshun.jp/articles/-/56168

『主力離脱のために 暗躍していて、松竹芸能の看板芸人になろうとしている。』

  • 「なるほど」ではなく、「なるほどね」と「ね」を付けたことが重要
  • 全部分かってましたよ、って言わんばかり。
  • キンタローは視野にない。あるのは、松竹芸能という会社。
  • 「キンタロー眼中に無し。松竹で、一番になるのは俺」という思いが、「ね」に込められている。

と、やや物騒な分析をしています。

みなみかわは、「本当に泥水を飲んできたのは俺や。」という思いをもっている。
それなのに、なんで会社は、俺のことを売ってくれないんだ、という思いが強い。
キンタローがどうこうじゃなく、自分が真ん中に行って、事務所の看板になろうとしているんじゃないか。

と、語っていました。

明星大学心理学部心理学科教授 藤井靖さんの分析

https://talk.yumenavi.info/archives/2344?site=p

・あえて短い言葉で表現することで人の注目を集める。
・その一方で、心配や嫉妬など、両立しない感情がある』

芸人だけではなく、心理分析のプロとして、藤井教授にも分析を依頼していました。

  • 短いフレーズで、自分に注目を集めたいという心理
  • キンタローに対し、心配する気持ちと、嫉妬の気持ち、両立しない感情が交錯している。

短い文言が注目を集めやすいんです、と藤井教授。

タイムラインに投稿が溢れてるような状態が毎日のようにありますから、短くて、しかも人の詮索を喚起するような、そういう 5文字を意図して言ってるのかな?

直感的にはそう思いました。

心理学で言うフリーライダー効果
自分の労力を最小限にして、自分に注目を集める。

でも、みなみかわには注目を集めたいっていう気持ちがある一方、キンタローに対する、なかなか言葉で表せない一言で言えない、いくつかの感情があるように思えると言います。

みなみかわの複雑な心境が組み合わさって「なるほどね」という言葉が発せられたと分析しています。

と問えば、キンタローを心配する気持ち、そして 嫉妬とか…。

もしかしたら、みなみかわ自身も独立を考えていて、「先越された」みたいな…。
心理学で言うと、アンビバレントというか、 本来は両立しないような感情がぐちゃぐちゃ 自分の中にあって、

「なるほどね 」という言葉になった、と分析されました。

人々の分析の上を行った、みなみかわの「なるほどね」に込められた意味

他者による解釈も面白かったのですが、一番興味深かったのは、みなみかわさん本人から語られた「なるほどね」の意味です。

  • 円満退社などという、「きれい事」は無い。
  • キンタローは、ものまねの天才。
  • 天才故に、些事に疎い。
  • 天才キンタローこそ、本当は松竹のマネジメントを受けるべき。
  • だが、キンタローの内心には、「円満」とはいかない思いがあったのではないか。
  • それなのに、「円満退社」という言葉で、退社してしまう。
  • キンタローの本心に、聞けない部分がある。
  • だから「なるほどね」

本人だから、当たり前なのですが、一番深いですね。

本人も、キンタローとは仲が良い、と言っています。
藤井教授が分析していたように、思いの葛藤が見えます。

キンタローは、確かにものまねの天才だけれど、細かなことには目が届かない。
ましてや、子育てをしている状態では、マネジメントをしてくれる人がいた方が良い。

だが、本人は「円満退社」をすると言っています。
みなみかわは、「そんなはずは無いだろう」と思っているようです。

「円満」なら、絶対に現状維持、会社にマネジメントを任せた方が良いに決まっている。
だけれども、言えない事情があって「退社」を選んだのだろう。

だとしたら、何も言えないと感じたようです。
だから、「なるほどね」という曖昧な言葉が出てきた、と言うのが真相のようでした。

まとめ

キンタローの松竹退社という大きな事件に関連して現れた「なろほどね」という5文字。

その真意は「キンタロー」に対する複雑な思いが隠されていました。
キンタローとは仲がよい、できればこの先も一緒にやりたかったと思っていました。

またキンタローは、天才だが些事に疎い、とみなみかわは分析していました。

「本来は、松竹に残ってマネジメントを任せた方が彼女のためになると思うが、『円満退社』という彼女の言葉の裏には、会社に対する何らかの思いがあるのだろう。」

それをどうこう言うことは出来ない、そう感じたことでしょう。

これらの複雑な思いがからまって、あいまいな「なるほどね」という言葉になったと言います。
芸能界の裏側や人間関係の複雑さが表れた謎めいた表現として注目されていますが、

みなみかわさんの思いがこもった言葉だったのですね。

みなみかわは、5月末をもって松竹芸能を退所する。
4月19日に、みなみかわから明らかにされた。「なるほどね」の真意はここにあったのかもしれない。

みなみかわ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次