MENU

能登大震災の教訓:車中泊避難で供えておきたい『グッズ15選』

目次

車中泊避難のリスクと、安全対策

今回の「能登の大震災(令和6年能登半島地震)」で被災された方々も、多くの人々が避難所を利用されています。しかし、人間はプライベートな空間を奪われると精神的な負担が増してしまいます。そこで、多くの人々が「『車中泊』を選択する」という状況が見られます。

『車中泊』『車中避難』なら、プライベート空間は辛うじて保たれます。しかし、『車中泊・車中避難』には、『危険』も潜んでいることを理解しておく必要があります。

「車中泊・車中避難」を選択する場合:健康維持のポイント

「車中泊・車中避難」は、エコノミークラス症候群一酸化炭素中毒危険性があることをお忘れなく。健康をキープするには、車内での過ごし方に工夫が必要です。座席をフラットにできる車なら、タオルを巧妙に使って隙間を埋め、リッチな眠りを手に入れちゃいましょう!寝具選びも重要で、快眠の秘訣を見つけましょう。

防災のプロの方の話では、「このグッズがあればOK」と主張するのは危険だとのこと。なぜなら、車の形状・性能にもよります。
また、その人が快適に寝られるかどうかにも個人差があります。昔、トヨタさんとの講習会では、狭さに不満を漏らす人もいれば、「場所のわずかな傾斜が気になって眠れない」という人もいました。

だから、「その人に適したグッズを見つけることが大切なんです」
講習会では、『冷静な判断とセンスが光る選択が、安全な「車中泊・車中避難」生活を築く鍵』と、教えていました。

季節に応じた対策

季節ごとに車中泊の注意点も変わります。夏は蒸し暑さや虫対策が必要で、冬は防寒対策が不可欠。夜間の気温差にも注意が必要です。

『防災用品を一度準備すれば良い』、と言うことでは無いわけです。
夏には夏の、冬には冬の『防災用品』の備えが必要になります。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次