MENU

能登大震災の教訓:車中泊避難で供えておきたい『グッズ15選』

災害に見舞われたとき、何よりも突きつけられるのは、予測不可能な日常の変化。その中でも、現実の厳しさを痛感する瞬間があります。大震災の被災者たちが共有する言葉、「トイレ問題」。日常の一部と思える場所が、非日常の中で最も困難な課題となります。このブログでは、防災の視点からトイレ問題への対策を含め、役立つ情報をお届けします。

目次

車中避難におすすめの防災グッズ15選

能登の大震災(令和6年能登半島地震)で避難を余儀なくされている皆様が、今一番困っているのは「トイレ問題」「食料(ビタミン不足)問題」「寝所問題」だそうです。

2011年の大震災のときには、私自身も、水や電気がないのでトイレにはずいぶん苦労しました。そこで私は「ラップポン」を購入しました。これで精神的には「備えが出来ている」という気分になれています。

私のラップポン

この時期だから、改めて防災グッズとしてどのようなものを準備しておけば良いのかを考えたい、そういう方もおいでになると思います。そこで、防災のプロの講習を聞いてまとめた『防災グッズ15点』を、皆様にもお伝えします。

一酸化炭素中毒のリスクと低体温症への対策

1. 一酸化炭素検知器

車中避難中、無色・無臭の一酸化炭素は見えない危険の象徴。一酸化炭素検知器を設置することで、まるで隠れキャラクターを見つけるように、その危険を察知しましょう。

2. 保温性の高い毛布

寒冷地域での車中避難では、「氷点下の中で生き抜くような感覚。」保温性の高い毛布があれば、まるで頼れる仲間がいるかのように、寒さに立ち向かえます。

3. 防寒具セット

低体温症に備え、まるで冷たい雨風に立ち向かう勇者のような防寒具セットを用意しましょう。手袋や帽子があれば、まるで体を包み込むような安心感が生まれます。

エコノミークラス症候群への対策

4. 血行促進グッズ

長時間同じ姿勢では足元の血流が滞りがち。血行促進グッズを用意して、健康トレーナーが隣にいるかのように、足元の血流をサポートしましょう。

5. 車内ストレッチ用品

狭い車内でのストレッチ、ヨガのポーズを。車内でストレッチできる用品。狭い空間でも体をほぐしましょう。

ストレッチポールLPN楽天市場店
¥9,900 (2024/01/10 18:46時点 | 楽天市場調べ)

6. マッサージ器具

簡単なヨガポーズでまるで心身のリラックス感を味わうように、ヨガポーズガイドブックを持参し、ストレッチにアクセントをつけましょう。

換気とストレッチの重要性

7. 車用空気清浄機

車内の換気をサポートするため、車用空気清浄機を用意しましょう。新鮮な空気が流れ込むことで、まるでリフレッシュしたような気分に。

8. 車用加湿器

車の中でFFヒーターをたくと、カラカラに乾いてしまいます。暖房器具を使用する方にとっては必須アイテムです。

トイレ問題と携帯トイレの必要性

9. 携帯用トイレ

まるで自分の城でくつろぐような感覚で、携帯用トイレがあれば、トイレ問題にまるで悩まされず、快適な避難生活が送れます。

今回の能登大震災(令和6年能登半島地震)で、被災され避難所で過ごしている方々を含め、車中避難生活をしている方々が、「最も不便」「課題」としてあげているのが、「トイレ問題」です。

これを考えると、水を使わないジン専用の「簡易トイレ」を準備しておくことが大切だと言うことが改めて分かりました。

我が家は、ラップポンを持っています。普段から車中泊ではラップポンを遣いますので、その便利さは痛感しています。

また、簡易版もあります。

さらに手頃な、水を使わない簡易トイレもあります。

自分用と家族用のトイレの備えがあれば、精神的な苦痛はずいぶん軽減されることでしょう。

10. 凝固剤

狭い車内でのトイレ使用、水が無いところでのトイレ(ラップポンなど)には、凝固剤が必要。ラップポンの場合は、「完全密封」できるので、匂いが漏れず「生ゴミ」として処理が可能です。

車中避難で一般的に供えるべき といわれているモノ

11. 緊急食糧セット(非常食セット)

「美味しいキャンプ料理を囲む」、とまではいかないでしょうが緊急食糧セットを用意すれば、グルメ気分で避難生活を楽しむことができます。

12. 多機能LEDランタン

車中避難イベントでも、まるで明かりを灯す冒険者たちのように、多機能LEDランタンが活躍。明るい光で心も明るく保てます。

快適グッズ

13. 車内用空気循環扇風機

車内の空気が滞りがちな場合、さわやかな風を呼び込むように、車内用空気循環扇風機があれば爽やかな気分になるとともに、一酸化炭素中毒のリスクを軽減できます。

これらのグッズをまるで頼もしい仲間として、コンパクトに携帯しておけば、車中避難生活が快適で安全になることでしょう。どんな状況でも笑顔で乗り切るために、防災グッズの選定に工夫を凝らしてみてください。

14. 防寒車載用電気毛布

寒冷地域での避難中、防寒車載用電気毛布があれば、まるで暖炉の前でくつろぐような感覚で、ポカポカと安心感が広がります。
もちろん、車に電気を供給するシスメムを供えている必要があります。

15. 車載マット

長い時間の避難生活では、まるで王様のように快適なマットがあれば、エコノミークラス症候群のリスクをまるで軽減。心地よいふらっとな空間が準備できれば、避難先でもくつろげます。
とくに御年寄がいる場合は、考えたいグッズの一つです。

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次